×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中古車査定の確認点

中古車の下取り価格に直接影響するのは、「どういった部分が査定でチェックされるのか」ということですよね。

 

この査定のチェックポイントについてですが、年式(何年式の製造なのか)、走行距離(もちろん短いほうが査定に有利です)、車体色(特殊なカラーだと査定額アップすることも)、記録簿、修復暦(出来るだけ修復が少ない方がいいのは言うまでもありません)、社外品(純正でないオプションのことですね。)などになります。

 

上記が中古車の買取価格を決定する重要な項目になるのですが、実はディーラーの下取り査定も、買取業者の買取査定も基本的に査定で確認する点というのは同じなんです。

 

では、どういった部分で差がついてくるのかというと、その店の在庫状況だったり、社外品だったりします。
例えば、下取りにおいては、社外品は査定への影響が少ないですけど、買取の場合は社外品のエアロやホイールを高く査定することが少なくないのです。

 

しかし、年式、走行距離、車体色などは、どうやっても変えられる部分ではないので、今の車の状態でより高く売る工夫が必要です。
そのためには、複数の買取業者に査定をしてもらい、自分の車を一番高く評価してくれるお店を探すことです。

 

まずは一括査定で買取相場を調べてみる。
次に買う車を決めている場合は、ディーラーで下取り査定をしてもらい、その他の買取業者でも3社以上に査定を依頼して、下取り価格と比較してみる。

 

基本的にどんな中古車であっても、このような考えで買取査定にのぞむことで、車をより高く売ってスムーズな買い替えが出来ます。